Honda SENSING 360+



Honda SENSING 360+ はHonda SENSING 360の全方位センシングに加え、ドライバーの異常や周辺の道路環境や走行車両を的確に検知することで事故を未然に防ぎ、 ドライバーの運転負荷をさらに軽減させる運転支援システムです。
(2022年技術発表)

制御イメージ

各センサーで得た外界状況を統合して認知・予測・判断を行い、安全な走行を支援します。Honda SENSING Eliteで培った膨大なシミュレーションと公道検証の蓄積が、認知、予測、判断といったHonda SENSING 360の信頼性を高めてます。

システム構成

Honda SENSING 360は現行のHonda SENSINGのフロントカメラに加え、フロントと各コーナーに計5台のミリ波レーダーを新たに装備することで、360度センシングを実現しています。

各種機能概要

降車時車両接近警報

駐停車中、後側方に接近する車両を検知すると、フロントピラーもしくはサイドミラー上のインジケーターを点灯させ、認知を支援します。さらに、乗員が開けようとしたドアが自車側方を通過する車両と衝突するおそれがあるとき、インジケーターを点滅させると同時に警報音で注意を喚起し、ドア開放を留まるよう促します。

カーブ路外逸脱早期警報

高速道路や自動車専用道路を走行中にカーブにさしかかる際、早期にドライバーに知らせ、カーブの認知を促します。前方のカーブに対し、道路の状況と自車の走行速度に基づいて警報音を鳴らすとともに、二段階で減速を行い速度超過によるカーブ路外逸脱の抑制を支援します。

ドライバー異常時対応システム

ドライバーの異常時やドライバーがシステムからの操作要求に応じ続けなかった場合、警告で注意を喚起。それでも応じない場合は、ハザードランプとホーンで周囲に警告しながら同一車線で減速・停車を支援。さらに、ヘルプネット®でコールセンターへ接続します。

ハンズオフ機能付高度車線内運転支援機能/高度車線内運転支援機能

高速道路や自動車専用道路を走行中、高精度地図、全球測位衛星システム(Global Navigation Satellite System:GNSS)を活用して自車の位置を特定するとともに道路情報を取得し、一定の条件下において、ステアリングから手を離した状態での運転(ハンズオフ)を支援します。

レコメンド型車線変更支援機能

ハンズオフ機能付高度車線内運転支援機能で高速道路や自動車専用道路を走行中、自車の走行車線において自車よりも速度が遅い先行車を検知すると、周辺の状況からシステムが追い越し可能か判断します。可能と判断した場合、システムがドライバーに提案し、ドライバーが承認すると、ウインカー操作や加減速、ステアリング操作を行い、追い越しと車線復帰を支援します。

高度車線変更支援機能

高度車線内運転支援機能で高速道路や自動車専用道路を走行中、自車の走行車線において自車よりも速度が遅い先行車を検知すると、周辺の状況からシステムが追い越し可能か判断します。可能と判断した場合、システムがドライバーに通知したうえで、ウインカー操作や加減速、ステアリング操作を行い、追い越しと車線復帰を支援します。

■Honda SENSING 360+は、ドライバーの運転支援機能のため、各機能の能力(認識能力・制御能力)には限界があります。各機能の能力を過信せず、つねに周囲の状況に気をつけ、安全運転をお願いします。各システムは、いずれも道路状況、天候状況、車両状態等によっては、作動しない場合や十分に性能を発揮できない場合があります。

この記事は面白かったですか?

  • そう思う
  • どちらともいえない
  • そう思わない


テクノロジーHonda SENSING 360+