Team HONDA 技コン

日本から世界

2022年10月“技コン”は新たなスターを生み出した。国内の成績優秀者4名は、さらなる高みを目指し世界へと挑戦する。
世界地域別に選抜された25名の中から頂点に輝くのは誰か。サービススタッフの“世界一”が決まる。

the Next : World
Challenge

Honda World Skills Contest 2023 開催まで

010days 00hours 00minutes 00seconds

Topics

  • “技コン”特設ページが公開されました

  • Honda World Skills Contest 2023の開催日程が決定しました

  • Honda World Skills Contest 2023へ出場する日本代表選手が決定しました

  • 第40回ホンダ四輪サービス技術コンクール全国大会が開催されました

About

感動にでチャレンジ

Honda Carsでは、サービス技術力向上のため
お互いのレベルアップを目的としたコンクールを実施。

日頃の成果を競い合う“技コン”(ホンダ四輪サービス技術コンクール)では日本一の夢を賭け、真剣な競技が繰り広げられる。

この特集では、国内外の技術コンクールの話題を中心に
Honda Carsサービススタッフが紡ぐ魂のドラマを追う。
その技、その知識、その思いの強さを感じてほしい。

ホンダ四輪サービス技術コンクールとは

全国のHonda Carsのサービスメカニックとフロントスタッフが、サービス技術や整備知識だけでなく、商品知識や接客対応を競い合うコンクール。

競技は全3コースあり、サービスエンジニアコースの成績優秀者は、世界大会への切符をつかむことができる。

第40回全国大会の結果

2022年第40回大会は、全国から約12,700名がエントリーの上参加し、各地区ブロック大会を突破した120名が全国大会へ出場。120名の精鋭たちが集まり、10月19日に第40 回ホンダ四輪サービス技術コンクール 全国大会が開催された。
そして、栄えある、サービスエンジニアコース最優秀賞の栄冠を勝ち取ったのは、Honda Cars東京中央 三鷹店 向後貴晴だった。

フロントアドバイザ(FA)コース 最優秀賞 Honda Cars埼玉 大澤陽介
サービスエンジニア(SE)コース 最優秀賞 Honda Cars東京中央 向後貴晴
法人チームコース 最優秀賞 Honda Cars大分 岩永匠 髙治信司

Honda World Skills Contest とは

世界のHonda四輪販売店の整備士から各地域の代表が集い、頂点を目指して“確実性とスピード”を競う世界大会。
前回大会の様子はこちら

Honda World Skills Contest 2023に出場する日本代表選手4名
Honda Cars長野中央 渡邉隆大
Honda Cars東京中央 向後貴晴
Honda Cars東京中央 前田陽平
Honda Cars滋賀南  森 健太郎

Movie

1分でわかる“技コン”第40回全国大会

Interview

技術にかける想い

Competition Contest

“技コン”競技内容

競技は全3コース。学科と実技の競技を行い、総合得点により順位が決まる。

  • フロントアドバイザ(FA)コース

    • 出場選手:16名
    • 学科:60分
    • 実技:15分

    日頃、整備のフロント業務を行っているサービススタッフが、ロールプレイング形式でサービスにおけるお客さま対応力を制限時間内で競う。

    Check
    • お客さまのご要望に的確に対応できるか
    • お客さまにご納得いただけるよう分かりやすい説明ができるか
    • 心配りと親しみを感じられる接遇か
  • サービスエンジニア(SE)コース

    • 出場選手:40名
    • 学科:60分
    • 実技:40分

    各問題ごとに競技時間を区切り、故障診断・分解組立・測定作業を一斉にスタート。各作業における正確さを競う。

    Check
    • エンジン組み立ての中間検査
    • エンジン電装系故障診断
    • ボディ電装系故障診断

    ※2022年度の競技内容です

  • 法人チームコース

    • 出場選手:64名(32チーム)
    • 学科:60分
    • 実技:50分

    チーム競技の特性を活かし、FA選手とSE選手が協力して進める競技。FA選手は受付から引き渡しまでのお客様対応を行い、SE選手は故障診断作業を設定時間内で行う。

    Check
    • FA選手のお客さまへの接遇対応の質とコミュニケーションはどうか
    • SE選手の故障診断スキルと、機器の正確な使い方をできているか
    • 両選手が協力して、適切な整備作業ができているか
}