ニュースリリース

2024年01月19日ニュースリリース

2024年Hondaモータースポーツ活動計画

 Hondaの2024年モータースポーツ活動計画についてお知らせします。

二輪モータースポーツ活動

 2023年のFIM※1ロードレース世界選手権 MotoGPクラスでは、第3戦アメリカズGPで優勝したものの、シーズン全体としては大変悔しい結果となりました。2024年はルカ・マリーニ選手がRepsol Honda Team(レプソル・ホンダ・チーム)に、ヨハン・ザルコ選手がCASTROL Honda LCR(カストロール・ホンダ・エルシーアール)に加入します。マシンの戦闘力向上と合わせて、MotoGPのタイトル奪還を目指します。
 FIMトライアル世界選手権シリーズのTrialGPクラスではトニー・ボウ選手が、チャンピオンを獲得し、合わせて、Xトライアル世界選手権の両シリーズで各17連覇(合計34連覇)を達成しました。2024年も自身の前人未到の記録更新に挑戦します。

 Hondaは、2040年代に全ての二輪製品でのカーボンニュートラルを実現することを目指し、ICE(内燃機関)の進化にも継続的に取り組みながら、今後の環境戦略の主軸として二輪車の電動化に取り組んでいます。モータースポーツでも、カーボンニュートラル燃料の導入が始まっており、2023年に導入されたMFJ※2全日本ロードレース選手権(JRR)JSB1000クラスに続き、2024年もMotoGPやFIMスーパーバイク世界選手権(WSBK)での導入に対応していきます。昨年はCR ELECTRIC PROTOで全日本モトクロス選手権(JMX)にスポット参戦しましたが、引き続き新たな電動二輪車カテゴリーの参戦も検討中です。

  • ※1FIMとは、Fédération Internationale de Motocyclisme(国際モーターサイクリズム連盟)の略称
  • ※2MFJとは、Motorcycle Federation of Japan(一般財団法人 日本モーターサイクルスポーツ協会)の略称

四輪モータースポーツ活動

 2023年、FIA※3フォーミュラ・ワン世界選手権(以下、F1)において、HondaはOracle Red Bull Racing(オラクル・レッドブル・レーシング)およびScuderia AlphaTauri(スクーデリア・アルファタウリ)に対し、チームパートナーとして技術支援やマーケティング協力を実施。技術支援として、株式会社ホンダ・レーシング(以下、HRC)がパワーユニット(以下、PU)のESS※4以外のコンポーネントを製造し、Red Bull Powertrains(レッドブル・パワートレインズ)※5への供給とシーズンを通したPU運用のサポートを行いました。そのパートナーシップのもと、Oracle Red Bull Racingは22戦中21勝という圧倒的な強さで、コンストラクターズ・ドライバーズの両タイトルを獲得。HondaのF1活動にとって60周年※6となる2024年もHondaは両チームと同様のパートナーシップを継続し、さらなる高みを目指します。また、F1参戦4年目を迎える角田裕毅(つのだゆうき)選手の活動も引き続き支援していきます。

 国内レースでは、SUPER GTシリーズ※7 GT500クラスで、CIVIC TYPE Rをベースとした「CIVIC TYPE R-GT(シビック タイプアール ジーティー)」の新投入と才能あふれる若手ドライバーの起用により2020年以来となるタイトルの奪還を目指します。
 また、昨年FIAフォーミュラ・ツー選手権(F2)で好成績を収めたHondaの育成ドライバー岩佐歩夢(いわさあゆむ)選手が、F1を視野に入れたステップアップとして全日本スーパーフォーミュラ選手権(以下、SF)へ参戦します。Hondaはこれを支援するとともに、日本のSFを、F1をはじめとする世界トップクラスのフォーミュラレースへ通じるカテゴリーと位置付け、SUPER GTシリーズと同様に積極的な若手ドライバーの起用と盛り上げを図っていきます。

 北米においては、Hondaのレース活動を担ってきたHonda Performance Development(ホンダ・パフォーマンス・デベロップメント)が、2024年1月よりHonda Racing Corporation USA(ホンダ・レーシング・コーポレーション・ユーエスエー、以下、HRC-US)に社名を変更し、Hondaの四輪モータースポーツにおける開発力をグローバルで向上させることを目指した組織体制となりました。2024年は、インディカー・シリーズに参戦する5チームに、HRC-USを通じてエンジンを供給します。また、IMSA※8ウェザーテック・スポーツカー選手権にはHRC-USが供給するAcura(アキュラ)ブランドのマシン「ARX-06」2台がHRCロゴを新たにまとい参戦します。今後は日本のHRCとHRC-USが連携し、グローバルでHondaのレース活動をさらに盛り上げていきます。

  • ※3FIA とは、Fédération Internationale de l'Automobile(国際自動車連盟)の略称
  • ※4Energy Storage Systemの略。回生された電気エネルギーを保管するためのバッテリーシステム
  • ※5Red Bull Group(レッドブル・グループ)内でF1向けPUを製造する会社。現行PUに関してESSの製造と運用を担う
  • ※6Honda F1初参戦の1964年8月に行われたドイツGPから数えて60周年
  • ※7統括・運営:株式会社GTアソシエイション
  • ※8IMSAとは、International Motor Sports Association(国際モータースポーツ協会)の略称

参戦体制概要

2024年1月19日発表時点

<以下、敬称略>

《二輪参戦体制概要》

《世界選手権》

FIMロードレース世界選手権(MotoGP)

<MotoGP>

チーム名

マシン

No.

ライダー

年齢

国籍

2023年
戦績

Repsol Honda Team
(レプソル・ホンダ・チーム)

RC213V

10

Luca Marini
(ルカ・マリーニ)

26

イタリア

MotoGP
8位

36

Joan Mir
(ジョアン・ミル)

26

スペイン

MotoGP
22位

CASTROL Honda LCR
(カストロール・ホンダ・エルシーアール)

5

Johann Zarco
(ヨハン・ザルコ)

33

フランス

MotoGP
5位

IDEMITSU Honda LCR
(イデミツ・ホンダ・エルシーアール)

30

中上 貴晶
(ナカガミ・タカアキ)

31

日本
(千葉県)

MotoGP
18位

FIMスーパーバイク世界選手権(WSBK)

<WSBK>

チーム名

マシン

No.

ライダー

年齢

国籍

2023年戦績

Team HRC
(チーム・エイチアールシー)

CBR1000RR-R
FIREBLADE SP

7

Iker Lecuona
(イケル・レクオーナ)

24

スペイン

WSBK
13位

97

Xavi Vierge
(チャビ・ビエルゲ)

26

スペイン

WSBK
10位

PETRONAS MIE Racing Honda
(ペトロナス・エムアイイー・レーシング・ホンダ)

27

Adam Norrodin
(アダム・ノロディン)

25

マレーシア

WSSP
25位

95

Tarran Mackenzie
(タラン・マッケンジー)

28

英国

WSSP
18位

<WSSP>

チーム名

マシン

No.

ライダー

年齢

国籍

2023年
戦績

PETRONAS MIE
Racing Honda
(ペトロナス・エムアイイー・
レーシング・ホンダ)

CBR600RR

27

鳥羽 海渡
(トバ・カイト)

23

日本
(福岡県)

Moto3
11位

89

Khairul Idham Bin Pawi
(カイルール・
イダム・パウィ)

25

マレーシア

ARRC SS600
2位

FIM世界耐久選手権(EWC)

チーム名

マシン

No.

ライダー

年齢

国籍

2023年
戦績

TATI TEAM BERINGER RACING
(タティ・チーム・
ベルリンガー・レーシング)

CBR1000RR-R
FIREBLADE SP

4

Randy Krummenacher
(ランディ・
クラメナッハー)

33

スイス

EWC
7位

Hugo Clere
(ヒューゴ・クレール)

29

フランス

Corentin Perolari
(コランティン・
ペロラリ)

25

フランス

F.C.C. TSR Honda France
(エフシーシー・ティーエスアール・ホンダ・フランス)

5

Josh Hook
(ジョシュ・フック)

31

オーストラリア

EWC
4位

Mike Di Meglio
(マイク・ディ・メリオ)

36

フランス

Alan Techer
(アラン・テシェ)

29

フランス

MANA-AU COMPETITION
(マナオ・コンペティション)

53

Marc Miralles
(マルク・ミラレス)

26

スペイン

 

Samuel Trueb
(サミュエル・
トゥルーブ)

32

スイス

 

TBA

 

 

 

Wójcik Racing Team
(ヴイチック・レーシング・チーム)

77

Kamil Krzemień
(カミル・
クシェミエニ)

24

ポーランド

EWC
19位

Jurand Kuśmierczyk
(ジュランド・
クシェミエルチク)

19

ポーランド

Artur Wielebski
(アルトゥール・
ヴィエレブスキ)

30

ポーランド

Honda VILTAÏS Racing
(ホンダ・ビルタイス・
レーシング)

333

Florian Alt
(フロリアン・アルト)

27

ドイツ

EWC
5位

Steven Odendaal
(スティーブン・
オデンダール)

30

南アフリカ

Léandro Mercado
(レアンドロ・
メルカド)

31

アルゼンチン

FIMモトクロス世界選手権(MXGP)

<MXGP>

チーム名

マシン

No.

ライダー

年齢

国籍

2023年戦績

Team HRC
チーム・エイチアールシー)

CRF450R

70

Ruben Fernandez
(ルーベン・
フェルナンデス)

24

スペイン

MXGP
5位

243

Tim Gajser
(ティム・ガイザー)

27

スロベニア

MXGP
11位

Standing Construct Honda MXGP
(スタンディング・
コンストラクト・ホンダ・エムエックスジーピー)

41

Pauls Jonass
(ポールズ・ジョナス)

27

ラトビア

MXGP
19位

303

Alberto Forato
(アルベルト・フォラト)

23

イタリア

MXGP
7位

JM Honda Racing
ジェイエム・ホンダ・レーシング)

32

Brent Van Doninck
(ブレント・ヴァン・ドニック)

28

ベルギー

MXGP
22位

Team Ship to Cycle
Honda Motoblouz SR
(チーム・シップ・トゥー・サイクル・ホンダ・モトブロウズ・エスアール)

92

Valentin Guilod
(ヴァレンティン・グヨー)

31

スイス

MXGP
9位

24

Kevin Horgmo
(ケビン・ホルモ)

23

ノルウェー

MX2
7位

JWR Honda Racing
(ジェイダブリューアール・ホンダ・レーシング)

161

Alvin Ostlund
(アルビン・オストランド)

26

スウェーデン

MXGP
17位

<MX2>

チーム名

マシン

No.

ライダー

年齢

国籍

2023年戦績

Team HRC
(チーム・エイチアールシー)

CRF250R

73

Ferruccio Zanchi
(フェルッチョ・ザンキ)

17

イタリア

EMX250
4位

JM Honda Racing
(ジェイエム・ホンダ・レーシング)

312

Haaken Osterhagen
(ハーケン・オスターハーゲン)

19

ノルウェー

EMX250
18位

Honda Astra
(ホンダ・アストラ)

325

Muhammad Delvintor Alfarizi
(ムハンマド・
デルビントール・アルファリジ)

22

インドネシア

MX2
33位

Team Ship to Cycle
Honda Motoblouz SR
(チーム・シップ・トゥー・サイクル・ホンダ・モトブロウズ・エスアール)

 

TBA

 

 

 

 

TBA

 

 

 

FIMトライアル世界選手権シリーズ(TrialGP)

チーム名

マシン

No.

ライダー

年齢

国籍

2023年戦績

Repsol Honda Team
(レプソル・ホンダ・チーム)

Montesa
COTA 4RT

1

Toni Bou
(トニー・ボウ)

37

スペイン

TrialGP/X-Trial
チャンピオン

38

Gabriel Marcelli
(ガブリエル・マルセリ)

23

スペイン

TrialGP
3位

FIM世界ラリーレイド選手権(ダカールラリー2024)

チーム名

マシン

No.

ライダー

年齢

国籍

2023年戦績

Monster Energy Honda Team
(モンスターエナジー・ホンダ・チーム)

CRF450
RALLY

7

Pablo Quintanilla
(パブロ・キンタニラ)

37

チリ

ダカールラリー
総合4位

9

Ricky Brabec
(リッキー・ブラベック)

32

米国

ダカールラリー
DNF

10

Skyler Howes
(スカイラー・ハウズ)

31

米国

ダカールラリー
総合3位

11

José Ignacio Cornejo
(ホセ・イグナシオ・コルネホ)

29

チリ

ダカールラリー
総合8位

42

Adrien Van Beveren
(エイドリアン・ヴァン・ベバレン)

33

フランス

ダカールラリー
総合5位

68

Tosha Schareina
(トーシャ・シャレイナ)

28

スペイン

ダカールラリー
総合13位

《日本》

MFJ全日本ロードレース選手権(JRR)

<JSB1000>

チーム名

マシン

No.

ライダー

年齢

国籍

2023年戦績

SDG Honda Racing
(エスディージー・ホンダレーシング)

CBR1000RR-R
FIREBLADE

4

名越 哲平
(ナゴエ・
テッペイ)

26

日本
(東京都)

JSB1000
4位

TOHO Racing
(トーホー・レーシング)

7

清成 龍一
(キヨナリ・
リュウイチ)

41

日本
(埼玉県)

JSB1000
7位

Honda Dream RT 桜井ホンダ
(ホンダ・ドリーム・アールティー・サクライホンダ)

9

伊藤 和輝
(イトウ・カズキ)

23

日本
(東京都)

JSB1000
9位

Team ATJ
(チーム・エーティージェー)

10

岩田 悟
(イワタ・サトル)

37

日本
(東京都)

JSB1000
10位

MurayamaUnso Team AKIYOSHI
(ムラヤマウンソー・チーム・アキヨシ)

11

秋吉 耕佑
(アキヨシ・
コウスケ)

49

日本
(福岡県)

JSB1000
11位

日本郵便 Honda Dream TP
(ニッポンユウビン・ホンダ・ドリーム・ティーピー)

TBA

高橋 巧
(タカハシ・
タクミ)

34

日本
(埼玉県)

ST1000
5位

Astemo Honda Dream SI Racing
(アステモ・ホンダ・ドリーム・エスアイ・レーシング)

TBA

野左根 航汰
(ノザネ・コウタ)

28

日本
(千葉県)

Moto2
参戦

<ST1000>

チーム名

マシン

No.

ライダー

年齢

国籍

2023年
戦績

Astemo Honda Dream SI Racing
(アステモ・ホンダ・ドリーム・エスアイ・レーシング)

CBR1000RR-R
FIREBLADE

1

渡辺 一馬
(ワタナベ・
カズマ)

33

日本
(栃木県)

ST1000
チャンピオン

TBA

作本 輝介
(サクモト・
コウスケ)

27

日本
(鹿児島県)

JSB1000
8位

MOTO BUM HONDA
(モトバム・ホンダ)

2

荒川 晃大
(アラカワ・
コウタ)

21

日本
(東京都)

ST1000
2位

21

松川 泰宏
(マツカワ・
ヤスヒロ)

48

日本
(兵庫県)

ST1000
21位

TBA

伊藤 元治
(イトウ・
モトハル)

24

日本
(埼玉県)

ST600
11位

TOHO Racing
(トーホー・レーシング)

3

國峰 啄磨
(クニミネ・
タクマ)

25

日本
(群馬県)

ST1000
3位

SDG Team HARC-PRO.
(エスディージー・チーム・ハルク・プロ)

10

國井 勇輝
(クニイ・
ユウキ)

20

日本
(東京都)

ST1000
10位

<ST600>

チーム名

マシン

No.

ライダー

年齢

国籍

2023年
戦績

日本郵便 Honda Dream TP
(ニッポンユウビン・ホンダ・ドリーム・ティーピー)

CBR600RR

5

小山 知良
(コヤマ・
トモヨシ)

40

日本
(神奈川県)

ST600
5位

TBA

大和 颯
(ヤマト・
シュウ)

20

日本
(埼玉県)

J-GP3
9位

MOTO BUM HONDA
(モトバム・ホンダ)

7

鈴木 光来
(スズキ・
コウキ)

23

日本
(神奈川県)

ST600
7位

21

青田 魁
(アオタ・
カイ)

18

日本
(埼玉県)

ST600
21位

TBA

櫻井 賢一
(サクライ・
ケンイチ)

52

日本
(東京都)

ST600
参戦

TN45 with MotoUP Racing Team
(ティーエヌフォーティーファイブ・ウィズ・モトアップ・レーシング・チーム)

13

藤田 哲弥
(フジタ・
テツヤ)

20

日本
(群馬県)

ST600
13位

SDG Team HARC-PRO.
(エスディージー・チーム・ハルク・プロ)

TBA

濵田 寛太
(ハマダ・
カンタ)

19

日本
(茨城県)

Junior GP
参戦

MFJ全日本モトクロス選手権(JMX)

<IA1>

チーム名

マシン

No.

ライダー

年齢

国籍

2023年戦績

Honda Dream Racing Bells
(ホンダ・ドリーム・
レーシング・ベルズ)

CRF450R

2

大倉 由揮
(オオクラ・
ユウキ)

25

日本
(大阪府)

IA1
2位

Honda Dream Racing LG
(ホンダ・ドリーム・
レーシング・エルジー)

TBA

横山 遥希
(ヨコヤマ・
ハルキ)

25

日本
(埼玉県)

オーストラリア
選手権(MX2)
10位

T.E.SPORT
(ティー・イー・スポーツ)

6

大塚 豪太
(オオツカ・
ゴウタ)

27

日本
(栃木県)

IA1
6位

TEAM HAMMER
(チーム・ハマー)

9

小方 誠
(オガタ・
マコト)

38

日本
(神奈川県)

IA1
9位

13

池谷 優太
(イケガヤ・
ユウタ)

34

日本
(静岡県)

IA1
13位

TEAM KOHSAKA
(チーム・コウサカ)

11

道脇 右京
(ミチワキ・
ウキョウ)

29

日本
(愛知県)

IA1
11位

25

道脇 白龍
(ミチワキ・
ハクリュウ)

25

日本
(愛知県)

IA1
25位

<IA2>

チーム名

マシン

No.

ライダー

年齢

国籍

2023年戦績

TKM motor sports いわて
(ティーケーエム・モータースポーツ・イワテ)

CRF250R

2

横澤 拓夢
(ヨコサワ・タクム)

25

日本
(岩手県)

IA2
2位

6

柳瀬 大河
(ヤナセ・タイガ)

18

日本
(愛知県)

IA2
6位

27

大塚 貴斗
(オオツカ・タカト)

20

日本
(千葉県)

IA2
27位

46

佐藤 力
(サトウ・リキ)

20

日本
(秋田県)

IA2
参戦

TEAM HAMMER
(チーム・ハマー)

8

鈴村 英喜
(スズムラ・エイキ)

24

日本
(石川県)

IA2
8位

TBA

高橋 央真
(タカハシ・オウシ)

20

日本
(岡山県)

IA2
参戦

TBA

藤井 一輝
(フジイ・カズキ)

19

日本
(福岡県)

IA2
参戦

02

藤井 武
(フジイ・タケル)

17

日本
(愛知県)

IB-OPEN
2位

T.E.SPORT
(ティー・イー・スポーツ)

30

山﨑 巧也
(ヤマザキ・タクヤ)

16

日本
(埼玉県)

IA2
30位

37

根岸 瑞生
(ネギシ・ミズキ)

25

日本
(埼玉県)

IA2
参戦

TBA

千葉 蓮希
(チバ・ハズキ)

20

日本
(宮城県)

IA2
参戦

Bells Racing
(ベルズ・レーシング)

43

吉田 琉雲
(ヨシダ・ルクモ)

15

日本
(奈良県)

近畿NA
チャンピオン

<レディース(LMX)>

チーム名

マシン

No.

ライダー

年齢

国籍

2023年戦績

T.E.SPORT
(ティー・イー・スポーツ)

CRF150RⅡ

1

川井 麻央
(カワイ・マナカ)

21

日本
(埼玉県)

LMX

チャンピオン

6

濵村 いぶき
(ハマムラ・イブキ)

17

日本
(福岡県)

LMX
6位

12

山﨑 琴乃
(ヤマザキ・コトノ)

15

日本
(埼玉県)

LMX
12位

Team ITOMO
(チーム・イトモ)

3

箕浦 未夢
(ミノウラ・ミュウ)

17

日本
(愛知県)

LMX
3位

TEAM HAMMER
(チーム・ハマー)

5

瀬尾 柚姫
(セオ・ユズキ)

16

日本
(広島県)

LMX
5位

MFJ全日本トライアル選手権(JTR)

<IAスーパー(IAS)>

チーム名

マシン

No.

ライダー

年齢

国籍

2023年戦績

TEAM MITANI Honda
(チーム・ミタニ・ホンダ)

RTL301RR

1

小川 友幸
(オガワ・トモユキ)

47

日本
(三重県)

IAS
チャンピオン

HRCクラブMITANI&荘内

RTL301RR

20

浦山 瑞希
(ウラヤマ・ミズキ)

16

日本
(山形県)

IA
3位

<レディース(LTR)>

チーム名

マシン

No.

ライダー

年齢

国籍

2023年戦績

<プライベート参戦>

COTA4RT
250R

1

山森 あゆ菜
(ヤマモリ・アユナ)

18

日本
(静岡県)

LTR
チャンピオン

《アジア》

FIMアジアロードレース選手権(ARRC)

<ASB1000クラス>

チーム名

マシン

No.

ライダー

年齢

国籍

2023年戦績

Honda Asia-Dream Racing
with Astemo
(ホンダ・アジア・ドリーム・レーシング・ウィズ・アステモ)

CBR1000RR-R
FIREBLADE

21

Md Zaqhwan Bin Zaidi
(モハメド・ザクワン・
ビン・ザイディ)

28

マレーシア

ASB1000
2位

23

Andi Farid Izdihar
(アンディ・ファリド・
イズディハール)

26

インドネシア

ASB1000
3位

41

Nakarin Atiratphuvapat
(ナカリン・
アティラプワパ)

28

タイ

ARRC SS600
2位

SDG Team HARC-PRO Honda Ph.
(エスディージー・チーム・
ハルク・プロ・ホンダ・フィリピン)

92

國井 勇輝
(クニイ・ユウキ)

20

日本
(東京都)

JRR ST1000
10位

《北米》

AMAスーパークロス選手権

<450SX>

チーム名

マシン

No.

ライダー

年齢

国籍

2023年戦績

Team Honda HRC
(チーム・ホンダ・エイチアールシー)

CRF450R

18

Jett Lawrence
(ジェット・ローレンス)

20

オースト
ラリア

250SX West
チャンピオン

96

Hunter Lawrence
(ハンター・ローレンス)

24

オースト
ラリア

250SX East
チャンピオン

<250SX>

チーム名

マシン

No.

ライダー

年齢

国籍

2023年戦績

Team Honda HRC
(チーム・ホンダ・エイチアールシー)

CRF250R

30

下田 丈
(シモダ・ジョウ)

21

日本
(三重県)

250SX East
13位

48

Chance Hymas
(チャンス・ハイマス)

18

米国

250SX East 16位

AMAプロモトクロス選手権

<450MX>

チーム名

マシン

No.

ライダー

年齢

国籍

2023年戦績

Team Honda HRC
(チーム・ホンダ・エイチアールシー)

CRF450R

18

Jett Lawrence
(ジェット・ローレンス)

20

オースト
ラリア

450MX
チャンピオン

96

Hunter Lawrence
(ハンター・ローレンス)

24

オースト
ラリア

250MX
チャンピオン

<250MX>

チーム名

マシン

No.

ライダー

年齢

国籍

2023年
戦績

Team Honda HRC
(チーム・ホンダ・エイチアールシー)

CRF250R

30

下田 丈
(シモダ・ジョウ)

21

日本
(三重県)

250MX
3位

48

Chance Hymas
(チャンス・ハイマス)

18

米国

250MX
18位

《四輪参戦体制概要》

《日本》

全日本スーパーフォーミュラ選手権(SF)

チーム名

No.

ドライバー

年齢

国籍

2023年戦績

TEAM MUGEN
(チーム・ムゲン)

16

野尻 智紀
(ノジリ・トモキ)

34

日本
(茨城県)

SF
3位

15

岩佐 歩夢
(イワサ・アユム)

22

日本
(大阪府)

FIA-F2
4位

DOCOMO TEAM DANDELION RACING
(ドコモ・チーム・ダンディライアン・レーシング)

5

牧野 任祐
(マキノ・タダスケ)

26

日本
(大阪府)

SF
6位

6

太田 格之進
(オオタ・カクノシン)

24

日本
(京都府)

SF
7位

PONOS NAKAJIMA RACING
(ポノス・ナカジマレーシング)

64

山本 尚貴
(ヤマモト・ナオキ)

35

日本
(栃木県)

SF
13位

65

佐藤 蓮
(サトウ・レン)

22

日本
(神奈川県)

SF
10位

TGM Grand Prix
(ティージーエム グランプリ)

53

Juju
(ジュジュ)

17

日本
(東京都)

Zinox F2000 Formula
Trophy championship
チャンピオン

55

TBA

 

 

 

ThreeBond Racing
(スリーボンド・レーシング)

12

三宅 淳詞
(ミヤケ・アツシ)

24

日本
(三重県)

SUPER GT
GT300
19位

B-Max Racing Team
(ビーマックス・レーシング・チーム)

50

木村 偉織
(キムラ・イオリ)

24

日本
(東京都)

SFL
チャンピオン

SUPER GT<GT500クラス>

チーム名

No.

ドライバー

年齢

国籍

2023年
戦績

ARTA
(エーアールティーエー)

8

野尻 智紀
(ノジリ・トモキ)

34

日本
(茨城県)

GT500
8位

松下 信治
(マツシタ・ノブハル)

30

日本
(埼玉県)

GT500
6位

16

大津 弘樹
(オオツ・ヒロキ)

29

日本
(埼玉県)

GT500
4位

佐藤 蓮
(サトウ・レン)

22

日本
(神奈川県)

SF
10位

Astemo REAL RACING
(アステモ・リアル・レーシング)

17

塚越 広大
(ツカコシ・コウダイ)

37

日本
(栃木県)

GT500
6位

太田 格之進
(オオタ・カクノシン)

24

日本
(京都府)

GT500
14位

STANLEY TEAM KUNIMITSU
(スタンレー チームクニミツ)

100

山本 尚貴
(ヤマモト・ナオキ)

35

日本
(栃木県)

GT500
11位

牧野 任祐
(マキノ・タダスケ)

26

日本
(大阪府)

GT500
10位

Modulo Nakajima Racing
(モデューロ・ナカジマレーシング)

64

伊沢 拓也
(イザワ・タクヤ)

39

日本
(東京都)

GT500
14位

大草 りき
(オオクサ・リキ)

24

日本
(神奈川県)

GT300
17位

SUPER GT<GT300クラス>

チーム名

No.

ドライバー

年齢

国籍

2023年
戦績

TEAM UPGARAGE
(チーム・アップガレージ)

18

小林 崇志
(コバヤシ・タカシ)

36

日本
(広島県)

GT300
5位

小出 峻
(コイデ・シュン)

24

日本
(大阪府)

GT300
5位
SFL 3位

スーパー耐久シリーズ<ST-Qクラス>

チーム名

No.

ドライバー

年齢

国籍

2023年
戦績

Team HRC

271

大津 弘樹
(オオツ・ヒロキ)

29

日本
(埼玉県)

SUPER GT
GT500
4位

TBA

 

 

 

TBA

 

 

 

《北米》

インディカー・シリーズ

チーム名

No.

ドライバー

年齢

国籍

2023年戦績

Meyer Shank Racing
(マイヤー・シャンク・レーシング)

66

Tom Blomqvist
(トム・ブロンクビスト)

30

英国

インディカー・
シリーズ
34位

60

Felix Rosenqvist
(フェリックス・ローゼンクヴィスト)

32

スウェーデン

インディカー・
シリーズ
12位

06

Hélio Castroneves
(エリオ・カストロネベス)
※INDY500のみ

48

ブラジル

インディカー・
シリーズ
18位

Chip Ganassi Racing
(チップ・ガナッシ・レーシング)

9

Scott Dixon
(スコット・ディクソン)

43

ニュージー
ランド

インディカー・
シリーズ
2位

10

Alex Palou
(アレックス・パロウ)

26

スペイン

インディカー・
シリーズ
チャンピオン

8

Linus Lundqvist
(リヌス・ルンドクヴィスト)

24

スウェーデン

インディカー・
シリーズ
31位

4

Kyffin Simpson
(キフィン・シンプソン)

19

バルバドス

ELMS(LMP2)
チャンピオン

11

Marcus Armstrong
(マーカス・アームストロング)

23

ニュージー
ランド

インディカー・
シリーズ
20位

Rahal Letterman Lanigan Racing
(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)

15

Graham Rahal
(グレアム・レイホール)

35

米国

インディカー・
シリーズ
15位

30

Pietro Fittipaldi
(ピエトロ・フィッティパルディ)

27

ブラジル

WEC(LMP2)
6位

45

Christian Lundgaard
(クリスチャン・ルンガー)

22

デンマーク

インディカー・
シリーズ
8位

Dale Coyne Racing
(デイル・コイン・レーシング)

TBA

TBA

TBA

TBA

Andretti Global
(アンドレッティ・グローバル)

28

Marcus Ericsson
(マーカス・エリクソン)

33

スウェーデン

インディカー・
シリーズ
6位

27

Kyle Kirkwood
(カイル・カークウッド)

25

米国

インディカー・
シリーズ
11位

26

Colton Herta
(コルトン・ハータ)

23

米国

インディカー・
シリーズ
10位

TBA

TBA

佐藤 琢磨
(サトウ・タクマ)

46

日本
(東京都)

インディカー・
シリーズ
29位

IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権

チーム名

No.

ドライバー

年齢

国籍

2023年戦績

Wayne Taylor Racing with Andretti
(ウェイン・テイラー・レーシング・ウィズ・アンドレッティ)

10

Ricky Taylor
(リッキー・テイラー)

34

米国

IMSA
GTP
2位

Filipe Albuquerque
(フィリペ・アルバカーキ)

38

ポルトガル

IMSA
GTP
2位

40

Louis Delétraz
(ルイ・デレトラズ)

26

スイス

WEC(LMP2)
チャンピオン

Jordan Taylor
(ジョーダン・テイラー)

32

米国

IMSA
GTD Pro
3位

《二輪ライダー・四輪ドライバー育成》

 「モータースポーツで世界に通用する選手を育成する」ことを目的として、1992年に二輪の「鈴鹿サーキット・レーシングスクール ジュニア」を設立。1993年に「鈴鹿サーキット・レーシングスクール カート(SRS-Kart)」、1995年には「鈴鹿サーキット・レーシングスクール フォーミュラ(SRS-Formula)」を開校し、二輪・四輪ともに世界のトップカテゴリーで活躍できるライダー・ドライバーの育成に取り組んできました。その結果、これまでに数多くの卒業生が国内外の二輪・四輪それぞれのカテゴリーで活躍しています。また、2022年より名称を「ホンダ・レーシング・スクール・鈴鹿(HRS)」に変更し、トップライダー、トップドライバーを講師に迎えて運営しています。

 トップカテゴリーを目指した選手育成システムとして、二輪においては、2024年も引き続きMotoGPのMoto2・Moto3クラスに参戦するHonda Team Asia(ホンダ・チーム・アジア)の活動を継続するとともに、若手育成のプログラムとしてIDEMITSU Asia Talent Cup(イデミツ・アジア・タレント・カップ)を活用し、世界で活躍できるライダーのさらなる発掘・育成に取り組みます。

 四輪においては、ドライバー育成プログラム「ホンダ・フォーミュラ・ドリーム・プロジェクト(HFDP)」を展開し、欧州のジュニアフォーミュラカテゴリーや日本のFIA-F4、全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権などへの挑戦の場を提供し、選手の成長とステップアップのための環境を整えています。

FIMロードレース世界選手権(MotoGP)

<Moto2>

チーム名

マシン

No.

ライダー

年齢

国籍

2023年
戦績

IDEMITSU
 Honda Team Asia
(イデミツ・ホンダ・
チーム・アジア)

KALEX

35

Somkiat Chantra
(ソムキアット・チャントラ)

25

タイ

Moto2
6位

34

Mario Aji
(マリオ・アジ)

19

インド
ネシア

Moto3
31位

MT Helmets -MSI
(エムティーヘルメット・エムエスアイ)

Boscoscuro

79

 小椋 藍 
 (オグラ・アイ) 

22

日本
(埼玉県)

Moto2
9位

<Moto3>

チーム名

マシン

No.

ライダー

年齢

国籍

2023年戦績

Honda Team Asia
(ホンダ・チーム・アジア)

NSF250RW

5

Tatchakorn Buasri
(タットチャコーン・
ブーシュリ)

23

タイ

Junior GP
11位

72

古里 太陽
(フルサト・タイヨウ)

18

日本
(鹿児島県)

Moto3
16位

フランス F4選手権

チーム名

No.

ドライバー

年齢

国籍

2023年戦績

TBA

加藤 大翔
(カトウ・タイト)

16

日本
(三重県)

HRS Formula
スカラシップ獲得
(首席)

全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権(SFL)

チーム名

No.

ドライバー

年齢

国籍

2023年戦績

B-Max Racing Team
(ビーマックス・レーシング チーム)

50

小出 峻
(コイデ・シュン)

24

日本
(大阪府)

SFL
3位

TODA RACING
(トダ・レーシング)

2

荒尾 創大
(アラオ・ソウタ)

18

日本
(東京都)

英国GB3
選手権
17位

FIA-F4選手権(日本)

チーム名

No.

ドライバー

年齢

国籍

2023年戦績

HFDP with B-Max Racing Team
(エイチエフディーピー ウィズ ビーマックス・レーシング チーム)

TBA

野村 勇斗
(ノムラ・ユウト)

18

日本
(愛知県)

FIA-F4
4位

TBA

洞地 遼大
(ホラチ・リョウタ)

17

日本
(愛知県)

HRS Formula
スカラシップ獲得
(次席)

モータースポーツ普及活動

 Hondaは、モータースポーツの普及にも積極的に取り組んでいます。モータースポーツ初心者でも気軽に楽しめるイベントを開催するなど、幅広い層の皆様にモータースポーツの魅力を伝えることを目的としたさまざまな活動を行っています。

<株式会社ホンダ・レーシング(HRC)ワンメイクレースシリーズ>

 HRCによるワンメイクレースは、モータースポーツを楽しむカテゴリーと将来のMotoGPライダー育成を目的としたカテゴリーに分かれ、日本全国約30か所のサーキットで開催されています。
 市販車両を使用した「HRC GROM Cup」、「CBR250R Dream Cup」、「CBR250RR Dream Cup」に加え、HRCの市販レーサーを使用したミニバイククラスの「NSF100 HRCトロフィー」や、将来のMotoGPライダーを育成するための「HRC NSF250R Challenge」も開催しています。
 これらのHRCワンメイクレースシリーズは、全国各地のサーキットで開催され、一定の条件を満たした参加者を対象に全国大会の実施や、育成クラスへのステップアップ支援制度など、参加者がレースを楽しんだり、夢を実現したりするプログラムです。

<Honda エコ マイレッジ チャレンジ 2024>

 Hondaは、創造力と自由な発想、そして技術を結集した手作りのマシンを使って、1Lのガソリンで何km走行できるかを競う「Honda エコ マイレッジ チャレンジ」を1981年から開催し、初回大会以来のべ約1万5千チーム以上が参加しています。2024年も国内3か所での地区大会と、全国大会を予定しています。

Honda エコ マイレッジ チャレンジ 2024 国内開催スケジュール

開催日程

大会名

開催会場

6月8日(土)

Honda エコ マイレッジ チャレンジ 2024
第37回 鈴鹿大会

鈴鹿サーキット 東コース
(三重県)

6月22日(土)

Honda エコ マイレッジ チャレンジ 2024
第15回 もてぎ大会

モビリティリゾートもてぎ
西コース
(栃木県)

8月4日(日)

Honda エコ マイレッジ チャレンジ 2024
第39回 九州大会

HSR九州 サーキットコース
(熊本県)

10月12日(土):練習走行
10月13日(日):決勝

本田宗一郎杯 Honda エコ マイレッジ チャレンジ 2024
第43回 全国大会

モビリティリゾートもてぎ
スーパースピードウェイ
(栃木県)

ダウンロード

PDF(763KB)

  • PDF

関連リンク