ニュースリリース

2022年07月19日ニュースリリース

アレックス・リンス選手がHRCとLCR Hondaとの契約に合意

 株式会社ホンダ・レーシング(以下、HRC)ならびにLCR Honda CASTROL Team(以下、LCR Honda)は、FIMロードレース世界選手権 MotoGPクラスに参戦している、アレックス・リンス(Álex Rins)選手(26歳 スペイン)と2023年からの2年契約更新に合意したことを発表しました。

2220719_01

アレックス・リンス選手とルーチョ・チェッキネロ氏

 リンス選手は、バルセロナ出身の26歳。2012年にMoto3世界選手権にHondaライダーとしてデビューを果たしたリンス選手は、Moto3からMoto2クラスへとステップアップ。2017年にMotoGPクラスデビューを果たし、2020年にはMotoGPクラスで総合3位を獲得しており、これまでに参戦したグランプリの全てのクラスで、常にトップクラスの走りを見せています。現在グランプリで15勝(内MotoGPクラス3勝)、55回の表彰台(内MotoGPクラス15回)を獲得しているリンス選手が、豊富な経験でHRCとLCR Hondaに貢献してくれることを期待しています。

  • FIMとは、Fédération Internationale de Motocyclisme(国際モーターサイクリズム連盟)の略称
アレックス・リンス選手とルーチョ・チェッキネロ氏

アレックス・リンス選手

「LCR Honda と契約できて非常に嬉しく思います。チームとバイクを変えることは、容易ではありませんが、100%の力を出して、今までMotoGPで培ってきた実力を発揮しようと思います。チェッキネロCEOとHondaならびにHRCの信頼があったからこそ、このチームと2023、2024年を戦おうと決心しました。このチャンスをいただけたことに感謝しています」

ルーチョ・チェッキネロ|LCR Hondaチームプリンシパル&CEO

「アレックス・リンス選手が、2023年にLCR Hondaのライダーとして参戦することをアナウンスできて嬉しく思います。3者とも契約書の署名を終え、やっと発表することができました。リンス選手は経験豊富なライダーで、速く走り、表彰台を獲得できるライダーです。
豊富な経験に加え、チームの技術者に対する的確なアドバイスが、今後のマシン開発の上でも、表彰台をより多く獲得ことにも、貢献できることは間違いありません」

ダウンロード

PDF(534KB)

  • PDF

関連リンク